FC2ブログ

新潟ラーメンを語る

新潟のラーメン好き『しばっち』が食べ歩いた県内各地のラーメン情報、感想等を皆さんにご報告いたします。

全記事一覧 << 2022/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2022/06 >>

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

Translation(自動翻訳)

うえんで山鹿店「会津山塩らぁ麺」

2022/04/30(土) 00:00:37

うえんで山鹿 店
福島県会津若松市にあります、うえんで山鹿店に行ってきました。会津若松に用事があり、是非行ってみたかったお店に伺うことにしました。福島県に数店舗お店がある人気店です。


うえんで山鹿 メニュー うえんで山鹿 メニュー (2)
うえんで山鹿 メニュー (3)
メニュー


うえんで山鹿 会津山塩ラーメン
会津山塩らぁ麺800円。


うえんで山鹿 会津山塩ラーメン 麺 うえんで山鹿 会津山塩ラーメン スープ
店員さんにお勧めを聞いたら塩を推されました。麺は極太縮れにしました。平打ちのきしめんのような麺は食感がよく、モチッとツルッとした感じが病み付きになります。塩には細麺の方が合ってたかなとは思いましたが、それでも食べてみてよかった。
スープは貴重な山塩とのこと。なるほど、円やかな塩味が美味しいですね。動物系の出汁感も強く、この透明度には想像もつかない美味しさです。


うえんで山鹿 会津山塩ラーメン チャーシュー
そしてチャーシューが激ウマ。脂身の美味しいバラチャーシューです。連食がなければ肉増にしたいところですね。
噂通り、美味しいお店でした。








県外TB:0CM:0

古川農園「手打ちラーメン」

2022/04/25(月) 00:00:32

古川農園 店
福島県会津若松市にあります、古川農園です。会津に来て2件目。このお店も一度来店して見たかったお店です。11時開店で、開店直後から続々とお客さんが来店します。


メニューは
ラーメン650 味噌ラーメン700 手打ちラーメン750 ワンタン麺750 肉そば900 ネギチャーシュー900 ネギミソチャーシュー950 大盛り100 手打ち100


古川農園 手打ラーメン
手打ちラーメン750円。


古川農園 手打ラーメン 麺 古川農園 手打ラーメン スープ
「手打ち」という言葉につられてしまいましたが、麺単体で考えれば美味しい麺ですが、スープにあうかといえば合わなかったですね。
スープはかなり美味しいですね。意外に古くさい感じじゃないです。豚と鶏の旨味がしっかりと伝わり、コク深いスープ。これは飲み干しちゃいます。


古川農園 手打ラーメン チャーシュー
想像通り、チャーシューは絶品ですね。知る人ぞ知る看板のないラーメン店。お店をでる頃には満席でした。







県外TB:0CM:0

山形ラーメンを語る「琴平荘 琴壱 銀河」

2021/12/01(水) 00:00:11

20210330_102649.jpg
山形県民なら誰しもが知っている、全国的にも有名な「琴平荘」。昔、旅館として営業しておりましたが、ラーメン店になったお店です。冬の閑散期、旅館で提供していたラーメンが評判を呼び、ついには山形トップになりました。今では殿堂入りしているほど。10月から5月までの営業期間で、6月から9月は仕込みのためお店をしめます。



20210330_104933.jpg
こちらがこのお店のラーメン。シンプルな見た目ですが、想像をはるかに超える旨さ。人気なのも頷けます。



20210330_104954.jpg
加水率を54%と高くし、固めに茹でることで独特なもっちり感を出した麺。220gと量も多い。強い個性はないものの、スープとの相性がバッチリです。



20210330_105002.jpg
出汁はトビウオ、鶏、豚、鰯、鰹、サバ。トビウオは市場から生の魚を購入し、それを焼いて干すという自家製の焼アゴです。以前は焼アゴを仕入れていたそうですが、仕入れできない状況が度々あり、自前で作ることにしたそうです。原価も下げられるので良いんでしょうけど、手間がかかっていますね。どれかに特化したスープではないですが、全体的にバランスが素晴らしく、あっというまに完食してしまいます。



20210330_104944.jpg
こちらも素晴らしく美味しいですね。味はしっかりとしています。



麺、スープ、具。どれかに特化することなく、バランスが極めて素晴らしいラーメン。こんなラーメン初めてでした。





20210330_112836.jpg
続きまして、琴平荘から独立した、琴壱です。こちらではコッテリバージョンを注文してみました。



20210330_114519.jpg
脂が多く浮いています。美味しかったのですが、やはりコッテリは美味しさが半減するような気がします。




20210330_082426.jpg
朝琴平荘で番号札を取ってから向かったお店。朝から営業しています。こちらのお店は同じく山形県の有名店「久太」で修業した方のお店です。東京ラーメンショーで新人王グランプリも取られたようですね。



20210330_082800.jpg
こちらが朝提供しているラーメンです。実は琴平荘と同じくらいこのラーメンには驚きました。美味しすぎました。麺が特に特徴的で、シルク麺という麺を使っているようです。かん水の代わりにシルクゲルを練りこんであるそうですね。シルクゲルとは、文字通りシルクから抽出したタンパク質だそうです。



ひょっこり立ち寄ったラーメン店ですら、相当美味しい山形県。全国一位は伊達じゃないですね。
県外TB:0CM:0

番外編:麺屋 武蔵 巌虎~濃厚つけ麺 など

2019/11/16(土) 00:00:00

麺屋武蔵巌虎 店
番外編。東京出張の際に伺った、麺屋武蔵巌虎です。

秋葉原をふらふらした帰り道、どこかでラーメンでもと思い立ち、立ち寄りました。祝日14時過ぎ、ちょうど待ち1人だったのでそれほど待たずに座ることが出来ました。



麺屋武蔵巌虎 食券機
食券機を見るからにはつけ麺が売りのようです。自分は県外のラーメンは無知なので、とりあえずはつけ麺をプッシュ。



麺屋武蔵巌虎 濃厚つけ麺

麺屋武蔵巌虎 濃厚つけ麺 麺 麺屋武蔵巌虎 濃厚つけ麺 つけ汁
濃厚つけめん。まるでどこかで食べたことのあるようなつけ汁。それでも新潟では食べられない、魚介の効いた濃厚な旨さと、甘さを持ったつけ汁です。麺も強烈なコシと、全粒粉入りの麺の香りの素晴らしさ。東京に行かないと食べられない辛さ。



麺屋武蔵巌虎 チャーシューベー飯
チャーシューベー飯。吊るして焼かれた表面カリカリのチャーシューの切れ端と、バラロールチャーシュー1枚がのったチャーシュー丼。なるほど、このお店のチャーシューはベーコンの位置づけで、ベー飯と呼ぶんですね。



麺屋武蔵巌虎 巌虎濃厚つけ麺
巌虎濃厚つけ麺。一緒に行った方の頼んだつけ麺。「巌虎」がついたつけ麺は、具がのるようですね。



人気店であり、ラーメンも旨い。なのに接客はぴか一。競争率が激しい東京秋葉原ならではですね。








県外TB:0CM:2

新宿歌舞伎町の一蘭へ

2018/06/10(日) 00:00:36

一蘭 店
先日、東京に行ったついでに、新宿の一蘭へ行ってきました。

外国人観光客が多いお店で、店員さんも外国人が多いです。以前外国人労働者の問題もあったようですが。。。



一蘭 ラーメン

一蘭 ラーメン (2) 一蘭 ラーメン (3)



営業時間が長いので、時間帯を外すとすんなり座れます。カウンターのシステムや、注文方法など、結構好きですね。
県外TB:0CM:0

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

しばっち

Author:しばっち



新潟県五泉市の『スズキトラスト新潟㈱』『㈲下越自動車工業』の代表をしています、柴沢こと《しばっち》と申します。
新潟ラーメン大好きです。燕三条系、古町あっさり、巻濃厚味噌、長岡系、カレーラーメンなど、いろいろなジャンルを食べまくります。コメントよろしくお願いします。

僕の会社のインスタグラムです!スズキトラスト新潟女子部が毎日更新中!お得な情報もいっぱい!
https://www.instagram.com/suzukitrust.niigata/

ツイッターもよろしく!!!フォロー大募集!!!
https://twitter.com/shibatti2

自作ラーメンを展開中!創作意欲満載です。ラーメン店とのコラボラーメンも募集中!
https://www.facebook.com/新潟ラーメンを語る-351287955075313/?ref=bookmarks


大食いタレント『おごせ綾』ちゃんとYOUTUBEでコラボ!是非高評価ボタンよろしくお願いいたします。
https://www.youtube.com/watch?v=XHomePgDCFo&t=202s

新潟でお得なラーメンクーポンが使えるアプリ「ら~ぽん」
https://yappli.plus/komachi
↑こちらからアプリをGETできます!

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
6位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

Copyright(C) 2006 新潟ラーメンを語る All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.