FC2ブログ

新潟ラーメンを語る

新潟のラーメン好き『しばっち』が食べ歩いた県内各地のラーメン情報、感想等を皆さんにご報告いたします。

全記事一覧 << 2021/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2022/01 >>

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

Translation(自動翻訳)

麺や かんぱち~豚骨醤油

2018/08/20(月) 00:00:05

かんぱち 店
新潟市中央区、麺やかんぱちです。



かんぱち 食券機
メニュー



かんぱち 豚骨醤油ラーメン

かんぱち 豚骨醤油ラーメン 麺
豚骨醤油700円。
豚骨というほど豚骨が出ているようには感じません。背脂でカバーしているかな?魚粉が効いています。麺は中太麺。チャーシューが美味しいですね。



かんぱち 唐揚げ
唐揚げ260円。3個。
揚げている音は聞こえませんでしたが、熱々のカリッカリの衣です。下味をしっかりつけてますね。



前回は、開店時間が遅れたに加え、提供時間がかなりかかりましたが、今回も相当待たされました。10時半来店で、出たのが11時。かかりすぎでしょう。ちなみに提供は店主が持ってくるのに、食べ終わったらセルフで返却口に持っていかなければならないシステムが謎です。








新潟市中央区TB:0CM:4
コメント

安いならともかく当たり前の値段を取っていながらセルフサービスですか?
俺なら下げずに帰るかな(笑)
麺屋かんぱちは殿様商売なんですね。
メンクイ #-|2018/08/20(月) 23:04 [ 編集 ]

その上げ膳下げ膳システムについては、写真をみる限り暖簾に 他店とは違います と表記してあるようですね。違いとは何かということについて店主は説明不足ですし、我々もお客として入る前に事前の確認が必要なのでは?と感じました。
名無しさん #-|2018/08/21(火) 13:08 [ 編集 ]
Re: メンクイさん
店主は外国のかたみたいですけどね。日本のある程度のラインを知らないのでしょうかねぇ。
しばっち2 #-|2018/08/21(火) 16:05 [ 編集 ]
Re: 名無しさん
僕は初めて来店した時、そのシステムを知らず、帰り際に注意されました。お膳下げくらい別にいいのですが、それ相応の意味があればいいですけどね。
しばっち2 #-|2018/08/21(火) 16:08 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://rarararamenbreak.jp/tb.php/2576-98691d1e

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

しばっち

Author:しばっち



新潟県五泉市の『スズキトラスト新潟㈱』『㈲下越自動車工業』の代表をしています、柴沢こと《しばっち》と申します。
新潟ラーメン大好きです。燕三条系、古町あっさり、巻濃厚味噌、長岡系、カレーラーメンなど、いろいろなジャンルを食べまくります。コメントよろしくお願いします。

僕の会社のインスタグラムです!スズキトラスト新潟女子部が毎日更新中!お得な情報もいっぱい!
https://www.instagram.com/suzukitrust.niigata/

ツイッターもよろしく!!!フォロー大募集!!!
https://twitter.com/shibatti2

自作ラーメンを展開中!創作意欲満載です。ラーメン店とのコラボラーメンも募集中!
https://www.facebook.com/新潟ラーメンを語る-351287955075313/?ref=bookmarks


大食いタレント『おごせ綾』ちゃんとYOUTUBEでコラボ!是非高評価ボタンよろしくお願いいたします。
https://www.youtube.com/watch?v=XHomePgDCFo&t=202s

新潟でお得なラーメンクーポンが使えるアプリ「ら~ぽん」
https://yappli.plus/komachi
↑こちらからアプリをGETできます!

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
6位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

Copyright(C) 2006 新潟ラーメンを語る All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.