FC2ブログ

新潟ラーメンを語る

新潟のラーメン好き『しばっち』が食べ歩いた県内各地のラーメン情報、感想等を皆さんにご報告いたします。

全記事一覧 << 2021/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2021/11 >>

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

Translation(自動翻訳)

八ちゃんラーメン~濃厚中華そば

2020/09/28(月) 00:00:52

八ちゃんラーメン 店
新潟市東区の八ちゃんラーメンに行ってきました。



八ちゃんラーメン 食券機
メニュー



八ちゃんラーメン 濃厚中華ソバ
濃厚中華そば(小)780円。



八ちゃんラーメン 濃厚中華ソバ 麺スープ 八ちゃんラーメン 濃厚中華ソバ チャーシュー
旨いですよね。相変わらず。八兵衛にあるものの方が煮干感は強いものの、こちらもそこそこ魚介を感じます。麺は太さの違うバラバラの麺で、食感を工夫しているようです。身入り無料。これが結構好きです。



相変わらず調理場でのおしゃべりがひどいお店です。









新潟市東区TB:0CM:2
コメント
タイミングか?シフト従業員の巡りあわせか?
「八ちゃん」「八」「八兵衛」の系列が自分はお気に入りでよく行くんですが,不思議なことにしばっち様のように従業員の方の私語が耳障りなような状況の中でお伺いしたことがないんですよ。従業員の方のあいさつなどの活気が感じられないお店であるとそれはそれで気になりますし,従業員が生き生きと動き活気が感じられるお店であり,また楽しく働くということを考えるとコミュニケーションは必要だと思いますが,仕事であることや食べ物を扱っている関係上節度は必要ですよね。

自分がお店に伺った時はたまたまそうした従業員の方がシフトに入っていなかったのか?それとも自分の来店のタイミングがたまたまだったのか?結構な頻度で行っていたのにそうした状況に一度も遭遇しなかった自分は奇跡的なのか?謎が深まります…

活気や雰囲気は保たれつつもお客さんのそうした不満が解消されることを期待したいですね。いいお店なんですから。
BOSS #-|2020/09/28(月) 21:28 [ 編集 ]
Re: bossさん
味は悪くないので改善してほしいです。たまに真面目にやっているときはありますが、自分の場合大半がお喋り倒しています。
しばっち #-|2020/09/30(水) 06:56 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://rarararamenbreak.jp/tb.php/3161-c2ae7900

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

しばっち

Author:しばっち



新潟県五泉市の『スズキトラスト新潟㈱』『㈲下越自動車工業』の代表をしています、柴沢こと《しばっち》と申します。
新潟ラーメン大好きです。燕三条系、古町あっさり、巻濃厚味噌、長岡系、カレーラーメンなど、いろいろなジャンルを食べまくります。コメントよろしくお願いします。

僕の会社のインスタグラムです!スズキトラスト新潟女子部が毎日更新中!お得な情報もいっぱい!
https://www.instagram.com/suzukitrust.niigata/

ツイッターもよろしく!!!フォロー大募集!!!
https://twitter.com/shibatti2

自作ラーメンを展開中!創作意欲満載です。ラーメン店とのコラボラーメンも募集中!
https://www.facebook.com/新潟ラーメンを語る-351287955075313/?ref=bookmarks


大食いタレント『おごせ綾』ちゃんとYOUTUBEでコラボ!是非高評価ボタンよろしくお願いいたします。
https://www.youtube.com/watch?v=XHomePgDCFo&t=202s

新潟でお得なラーメンクーポンが使えるアプリ「ら~ぽん」
https://yappli.plus/komachi
↑こちらからアプリをGETできます!

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
4位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

Copyright(C) 2006 新潟ラーメンを語る All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.